発酵のテーマパーク「OH!!!」で過ごす、
乳酸菌と発酵のチカラを味わうカフェタイム〈Piene Café〉@埼玉・飯能

posted:2021.3.19

〈Piene Café〉ってどんなお店?

〈Piene Café(ピーネカフェ)〉は、埼玉・飯能市にある「野菜と乳酸菌と暮らす」がテーマの発酵デリカフェ。2020年10月にオープンした発酵のテーマパーク〈OH!!!~発酵、健康、食の魔法!!!~〉内にあります。

西武池袋線飯能駅北口から徒歩約15分。紅葉の名所として知られる能仁寺(のうにんじ)の敷地内にあり、緑に囲まれた自然豊かな立地です。円筒状の木の建物が目印で、店内は大きな窓に囲まれているので明るい印象。カウンター席からはお庭の緑を眺めることができ、くつろげる空間です。

こだわりのイッピン

メニューは「野菜×乳酸菌×米糀」がコンセプト。野菜と、ぬか漬けから発見されたという“オリジナルの乳酸菌〈Pne-12乳酸菌(ピーネ乳酸菌)〉”、糀調味料を使ったメニューを味わえます。

お店イチオシの乳酸菌がたっぷり入った「ピーネデリプレート」は、メイン、季節のデリ2品、主食に「熟成玄米おにぎり」か「全粒粉パン」、サラダ、糀ポタージュ、「やさい糀甘酒」、自家製ヨーグルトがセットになったもの。メインは「お肉と糀調味料でつくったミートボール」で、ジューシーなお肉とシャキシャキとした野菜の食感を楽しめます。季節のデリはオリジナルの糀ソースや糀調味料で味つけがしてあり、素材の旨みを生かした味わい。

なお、デリプレートは「meat(お肉)」か「soy(大豆)」の2パターンから選ぶことができ、ベジタリアンの方にも対応。「soy(大豆)」を選んだ方には、大豆ミートでつくったミートボールと豆乳ヨーグルトがつきます。

「ピーネデリプレート」の一例。季節のデリ2品、糀ポタージュ、「やさい糀甘酒」は日替わり

また、少食の方や食後にスイーツを食べたい方にうれしい「mini ピーネデリプレート」も。メインに季節のデリ1品とサラダ、主菜(ミニサイズ)、糀ポタージュ、「やさい糀甘酒」がセットになっています。

スイーツには自慢の「糀甘酒のチーズブリュレタルト」はいかがでしょう。全粒粉入りのサクサクタルトに、トロ〜リとろける甘酒チーズクリームと甘酒カスタードがたっぷり詰まっており、表面をパリッと焦がしたブリュレタイプは店頭でしか味わえません!

「糀甘酒のチーズブリュレタルト」

どんな発酵?

〈ピーネ乳酸菌〉の最大の特徴は、胃酸に負けずに生きて腸まで届くこと。116株の乳酸菌の胃酸耐性の試験の結果、最も耐性が強い乳酸菌として選ばれました。また、野菜との相性がよく、野菜を発酵させるのがとても得意な乳酸菌です。

デリプレートでも提供されている「やさい糀甘酒」は、麹菌と〈ピーネ乳酸菌〉でダブル発酵させたもの。〈ピーネ乳酸菌〉のチカラを用いることで、野菜が本来持っている旨みや甘味を存分に引き出しています。

店頭で味わう「やさい糀甘酒」は生きた乳酸菌入り!

「やさい糀甘酒」は現在、かぼちゃ、ほうれん草、むらさきいも、にんじん、げんまい、とまとの6種類がありますが、これらはいずれも〈ピーネ乳酸菌〉との相性が良い素材。野菜なら何でもおいしく発酵できるわけではなく、その見極めが難しいといいます。

醸す人

〈Piene Café〉を運営する〈株式会社OH〉は、〈ご飯がススム〉キムチをつくる会社〈ピックルスコーポレーション〉のグループ会社。〈ピックルスコーポレーション〉が、日本全国の発酵漬け物を集めて乳酸菌の研究をしていたなかで、2012年にぬか漬けから発見したのが〈ピーネ乳酸菌〉なのです。

この生きて腸まで届く新しい乳酸菌を使って商品化をしようと3年ほど試行錯誤し、〈Piene〉商品が完成。これまでに「やさい糀甘酒」、糀アイススイーツ、糀ソース、糀調味料などを開発してきました。

カフェメニューの開発をしているパティシエの酒井美香さん

「一般的に甘酒はお米と米糀でつくりますが、野菜を使う会社である特色を活かし、米糀と野菜を合わせて乳酸菌で発酵させた『やさい糀甘酒』を最初につくりました。これをベースにソースや調味料に展開していて、〈Piene Café〉では〈Piene〉商品を使ったメニューを多数提供しています。お店で味わって気に入ったら商品を持ち帰って、日々の料理に使ってもらえたらと思っています」(酒井美香さん/〈Piene Café〉開発・パティシエ)

〈Piene〉商品のなかには、「カレー糀」や「しょうが糀」といったありそうでなかった発酵調味料も。店内に設置してある無料のレシピカードを持ち帰れば、自宅でデリプレートと同じデリメニューを簡単に再現できます。

「最近は残念ながら自宅で漬け物を食べる人が減ってきています。〈ピックルスコーポレーション〉は、〈OH!!!〉の施設全体及び〈Piene Café〉を展開することで、『漬物をはじめとする「発酵食品」が 身近にある暮らしを広め、食卓から世の中を健康にしたい』と考えています。特に〈Piene Café〉は、実際に乳酸菌を使った料理やスイーツを見て・食べて・体感することができます。『野菜と乳酸菌と暮らす』ライフスタイルに触れてみることで、素材本来の自然な味わいを感じて、健康を意識してもらえたらうれしいですね」(中西愛美さん/〈ピックルスコーポレーション〉研究開発室室長)

ワークショップで発酵体験も

テーマパークには全国から厳選したこだわりの発酵食品を扱うセレクトショップ〈八幡屋〉や、オリジナルキムチやフルーツビネガーなどの発酵食品づくりに挑戦できる体験施設〈パリシャキ研究所〉などもあり、1日過ごすことができます。

〈パリシャキ研究所〉では、〈Piene Café〉の発酵デリやスイーツなどの料理教室も開催予定。また、発酵食品について学んだり、試食したり、仲間と集える「発酵部会」を企画しています。

発酵食品や発酵というキーワードに興味はあっても、自宅で発酵体験をするのはちょっとハードルが高いと思っている人も多いはず。カフェ利用とセットで気軽に発酵体験ができるのは、テーマパークならではですね。

乳酸菌と発酵のチカラを味わうことができる〈Piene Café〉。ワークショップ参加前に食事をしたり、お買い物の後にスイーツ休憩したり、さまざまな過ごし方ができます。

※本記事は2021年3月現在の内容です。最新の情報はお店のホームページをご確認ください。

information

〈Piene Café〉

address:
埼玉県飯能市飯能1333
営業時間:
3月~10月:10:00~18:00 (LO 17:30)
11月~2月:10:30~17:30 (LO 17:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
※感染症拡大防止の観点から、状況により営業日及び営業時間を変更する場合がございます。詳細はWEBサイトをご覧ください。
https://oh-hanno.jp/piene/