発酵は、今が旬なトレンドでも、
単なる食のジャンルでもない。

発酵とは、古くから続く
日本の大切な食文化であり、
全国各地には
その土地ならではの微生物と
その土地ならではの発酵が
驚くほど多彩にあふれていて、
今も人々の暮らしに根付いている。

発酵の恵みを、
素晴らしさを、
そして面白さを、
もっと広く伝えたい。

発酵の魅力を探り
身近なものとして紹介しながら
発酵人と発酵文化を
ひとつに紡いでいく。
いわば、日本全国をつなぐ
発酵プラットフォームを
めざして取り組んでいくのが、
「みんなの発酵BLEND 」です。

プロジェクト参加のメンバー・企業・団体がこれまで取り組んできた日本の発酵文化支援の活動をこのプラットフォームを通じて連携し、取り組んでいきます。

発酵食品「カルピス」は100歳。

これからも「発酵BLEND PROJECT」
を取り組み続けます。

「カルピス」の生みの親・三島海雲が、
内モンゴルを訪れた時、100年以上昔の話。
長旅で体調を崩してしまった海雲でしたが、
現地でふるまわれた発酵乳を飲むうちに
驚くほど体調が回復したそうです。
帰国後、「この不思議な“チカラ”で日本を元気にしたい!」
と研究を続け、生みだしたのが「カルピス」です。
そして、今も乳酸菌と酵母、
“発酵”という自然製法によってつくられています。

世代や地域を超えてみんなに飲まれてきた、
100年続く日本の発酵の仲間。
そんな「カルピス」だからこそ、
できることがあると思いました。

日本の地域の皆さんとともに、
発酵をテーマに活動し、普及に取組む。
それが「『カルピス』発酵BLEND PROJECT」です。
この活動の一環として、
この発酵プラットフォームを運営してまいります。