あの武将も、
はまった
味噌?

伝統を守り続ける、
発酵の地へ

日本の地域に息づく伝統的な発酵と、発酵と共に生きる人々の暮らし。それは日本が誇る食文化のひとつです。そんな“発酵”を探し求めて、発酵食品の仲間である「カルピス」が各地を旅します。読んで、飲めば、地域と発酵がもっと好きになる。

今回は、八丁味噌のふるさと、三河へ。

伝統を守り続ける、発酵の地へ。

徳川家康生誕の岡崎城から
西へ八丁(約870 m)離れた場所で造られる味噌。
それが、八丁味噌の名前のルーツだ。

「こんな栄養もあってうまい味噌、広めてはならん!」と家康が言ったとか言わなかったとかで、八丁味噌を始めとする豆味噌は全国的な味噌には広がらずに中部地方特有の存在になったとも言われているのだけれど、濃厚で風味ある美味しさは古くから全国の料理人や食通の間でも知られ、今じゃ世界中で愛されている。

そんな岡崎を代表する伝統発酵食品、八丁味噌を昔から変わらない場所で、昔ながらのやり方にこだわり続ける二つの蔵元を訪れた。

東海道を
挟んで並ぶ二つの蔵
「まるや」と
「カクキュー」の皆さん。
ライバル同士だけど、
肩を寄せ合って
伝統を守っている。

何百年も前と
同じ製法で
ピラミッドのように
石が積まれた
味噌桶が並ぶ。
食品工場というより、
どこか神社や
お寺のようにも見えた。

原料は、大豆と塩のみ。
天然醸造で二夏二冬。
巨大な木桶に3トンもの
矢作川の川石を積んで
長い期間しっかりと熟成させる。
効率的な方法は
いくらでもあるけれど
頑なに伝統を
受け継いでいくからこそ
生まれるものがある。

これが三河で注目の
発酵食品「こぼれ梅」。

本来のみりんの造り方にこだわり続ける三河みりん。その製造過程で生まれるみりん粕は、形状が満開の梅の花に似ていることから「こぼれ梅」と呼ばれる。砂糖は入っていないのに甘くてやさしい味だった。

(アルコールが入ってるのでお酒が弱い人は気をつけて)

三河の伝統の発酵を、レシピで表現。
マシュマロを上に積んだら…これって?

ベースに「カルピス」と紅茶、その上にマスカルポーネチーズとこぼれ梅、八丁味噌を混ぜた味噌クリームを浮かべた新感覚ブレンド。

完成!

イメージは
八丁味噌の木桶。
味噌クリームを
よく溶かして召し上がれ!

お味はいかがですか?

二つの蔵の八丁味噌を、仲良く1:1で使いました。

「カルピス」+発酵BLEND
|三河|
「カルピス」×八丁味噌

少しビターな味わいの八丁味噌クリームと甘ずっぱい風味の「カルピス」を絶妙にブレンド。紅茶を加えてすっきり仕上げました。